フォトウェディングのメリット

このサイトでは式を挙げないフォトウェディングの特徴や、それを行うメリットをご紹介しています。
何故この形式のウェディングを選ぶ人が増えているのかの理由も説明していますし、好きな衣装で写真が撮れるというこのスタイルの結婚式の魅力についてもよくわかるように解説しています。
更にスタジオでこれを行う時の費用相場もお知らせしているため、式を挙げずに記念に残ることをしたいと考えているカップルは参考にしてみてください。

式を挙げないフォトウエディングの特徴とは

式を挙げないフォトウエディングの特徴とは 人生を共にする相手を見つけた人は、入籍した後に結婚式や披露宴を行うというのが従来の日本でよく行われてきたスタイルでした。
しかし、近年では、入籍しても式を挙げないカップルも増えています。
その理由としては、結婚式や披露宴をするための費用が用意できない場合や、再婚であるため、あまり派手に知人や友人を呼んで挙式をするのはためらうといった色々な理由があります。
そんな人達に人気になっているのがフォトウェディングで、挙式をせずにウェディングドレスやタキシード、和装の結婚衣装などを着て写真撮影だけを行うのが特徴です。
式を挙げないフォトウェディングの特徴には、多くの費用をかけなくても結婚の記念になることができる、準備期間がほとんどかからず思い立った時にできる、入籍から時間が経っていても行えるなどのことが挙げられます。

ウエディングフォトとの違いとは

ウエディングフォトとの違いとは 最近よく耳にする「フォトウェディング」って何?と思っている人もいるのではないでしょうか。
結婚式場やホテル、ブライダル対応のレストランなどでも、このフォトウェディングプランを提供していることは多くなってきています。
近年増えているフォトウェディングは結婚式の一種です。
既に最近の結婚式は、親族を中心に挙式を行い、そのあと会社関係者や友人らも集まってもらい披露宴をする、というスタイルばかりではなくなっています。
家族婚という、両家の家族だけを招待する少人数ウェディングや、友人だけを招待する会費制の1.5次会ウェディングなどといったスタイルも多いです。
そんな結婚式のスタイルの一種であるフォトウェディングの特徴は、一般的な挙式をするのではなく、写真だけを撮影するというところにあります。
写真だけの結婚式と呼ばれることもあるでしょう。
新郎新婦は和装・洋装の婚礼衣装を着ておこなうことが多いです。
ゲストを招待せず2人だけの場合が多いですが、家族には参加してもらうことも少なくありません。
似た言葉であるウエディングフォトとの違いは、フォトウェディングは、結婚式をしないというところにあります。
ウエディングフォトは婚礼写真のことを指しています。

場所にしっかりこだわって最高のフォトウェディングを

フォトウェディングで結婚の思い出を形として残すなら、とっておきの場所で撮影したいものですよね。フォトウェディングの定番スポットはやっぱりチャペルです。
バージンロードや建物全体の雰囲気がもっとも「ウェディングらしさ」を演出してくれるので、多くのカップルにおすすめできるスポットです。またビーチも撮影スポットとして人気があります。白い砂浜と青い海をバックに写真を撮れば、一生思い出に残る特別な一枚を残すことができます。
和装でのフォトウェディングを希望される方には、情緒あふれる日本庭園での撮影がおすすめです。ドレスでの撮影とはまた違った出来栄えの写真に仕上がるので、人と違った一枚を残したい方にもぴったりのスポットです。
他にも二人の思い出がつまった観光地や寺社仏閣など、さまざまなところでフォトウェディングを残すことができます。
二人の門出を記録する大切な一枚を最高のロケーションで残せるように、しっかりと吟味して場所を選ぶと良いでしょう。

フォトウェディングの景色を選ぶ際のポイント

結婚は一生に一度の大イベントなので、フォトウェディングも素敵な仕上りにしたいとこだわりを持って計画している人も多いのではないでしょうか。
ドレスや髪型をどうするか悩むことはもちろんですが、意外と決めることが難しいのが撮影時の景色です。まずフォトウェディングには大きく分けて屋内と屋外の撮影があり、それぞれメリットとデメリットがあります。
屋内の場合、天候に左右されないというメリットがあり、もしも当日に雨になったとしても髪型が崩れたり濡れたりすることなく、イメージしていた通りの仕上がりになりやすく、新郎新婦も安心して撮影にのぞめます。しかしながらスタジオ撮影の場合、背景に選べるデザインはある程度制限されるというデメリットもあります。
屋外の場合、ロマンチックな雰囲気の教会や歴史ある寺社仏閣など、写真の背景となる景色の選択肢が多く、より理想に近い写真を撮ることができます。ビーチや深緑の映える公園など、新郎新婦の思い出のある場所で撮ることもできるので非常に人気があります。

こんな今だからこそ、フォトウェディングが人気です

人が集まるイベントを開く事が難しい今、結婚式を挙げる事をためらったり延期したりしているカップルも多いようです。
でも、せっかくだから、今、この幸せな瞬間を先延ばしにせず記念に残しておきたいという気持ちを持つカップルもいるでしょう。こんな今だからこそ、婚礼衣装を着て好きな場所で撮影できる、写真の結婚式・フォトウェディングが人気です。
フォトウェディングの良いところは、実際に式を挙げなくても結婚式の思い出を残せるところです。また、チャペルや神社・寺院といった式場以外にも、ふたりの思い出の場所や風景の良いところで撮影してもらう事が出来るのも、通常の結婚式での写真撮影ではなかなか実現できませんから、良い思い出作りにもなります。
もし屋外での撮影を希望する場合は、撮影当日が雨などの悪天候だった時の事も考えて、室内での撮影に切り替えるのか、日程を延期するのかなどのプランをあらかじめ考えておくと、当日あたふたせずに済むでしょう。

フォトウェディングで準備しなければならないもの

最近では結婚式を挙げずに、記念写真として残して置けるフォトウェディングを行うという若いカップルが増えてきています。
フォトウェディングはスタジオ撮影から、屋外での撮影まで自由度が高く、着用する衣装や取り入れる小物など自分たちが理想とするシチュエーションで撮影をしてもらえる点が大きな特徴の1つです。
そんな人気のフォトウェディングを利用する上で必要となる準備期間は、申し込みから撮影当日までを含めて約2~3ヶ月程度となります。
フォトウェディングでは持ち物は小物から衣装の下に身につける下着・肌着の用意を各自で行う必要があり、和装の場合は新婦は補正用のタオルや手ぬぐい、肌襦袢や裾除け、和装ストッキングに白足袋が必要ですし、新郎はUネックやVネックの肌着、ステテコに白足袋が必要です。洋装の場合は新婦はブライダルインナーにストッキング、新郎はUネック・Vネックの肌着に靴下が必要となります。
フォトスタジオによって撮影小物の持ち込みが可能かは異なるので、事前に必ず確認する必要があることや、理想の1枚を撮影してもらうためにも撮影小物を手作りする場合は、準備期間中に作成できるか計画を立てる必要があります。もし間に合わない場合は市販のもので代用できるか判断しましょう。

雨が降った場合でも安心して室内撮影ができるフォトウェディング

フォトウェディングは天候に関係なく実施できる点が大きなメリットと言えます。雨が降った場合でも、屋内でのおしゃれなスタジオにて撮影が可能です。
ドレスでも和装でも、どちらにも合うシチュエーションを室内で作ってもらえます。ドレスであればアンティークなソファーやナチュラルなホワイトの漆喰壁など、素敵な見映えがすることでしょう。和装の場合は屏風の前や大きな和傘を持ってのポーズなどが人気です。
野外でのロケーション撮影プランを申し込んでいた場合、雨が降ったら室内に変更しても良いですし野外プランを延期できる所もあります。
いずれにしてもせっかくのフォトウェディングなので後悔しないように、スタッフとよく相談してどうするか決めたいものです。
フォトウェディングの良さとして、自分たちだけで予定をどうにでも変更できます。ゲストがいないので身軽に動けます。
雨でも雪でも台風でも、素敵な室内撮影は可能なので安心して申し込みましょう。

自由度の高いフォトウェディングは素晴らしい思い出

結婚の瞬間をいつまでも思い出に残す事ができるフォトウェディングですが、決まりきったものでは違いを感じる事ができない人もいるでしょう。
しかし今では様々な趣向を凝らした自由度の高いフォトウェディングがあるので、選ぶ側も満足感の高いものを選ぶ事ができるのです。
まずは様々なプロがチームになって素晴らしい演出をしてくれます。プランナーやスタイリストやカメラマンやマネージャーなどがお客様の意向を活かして提案をしてくれますし、自分達の持ち込み企画を形にしてくれる場合もあります。
室内や野外といった違いから結婚式をしていなくても、チャペルを使って結婚式のワンシーンを演出する事も可能なんです。
二人だけの世界に浸ってもいいですし、家族や親しい知人などを含んだ演出も可能です。映画のような世界観を演出できれば、それだけで最高の思い出にする事ができます。先輩方がどんな風に行ったか知る事もできるので、それを参考にさらに素晴らしいものにできるかもしれません。

フォトウェディングは信頼できるスタジオで撮影することが重要

結婚式は費用が数百万円もかかるので行うことができないが、フォトウェディングはしようと考えている方がいるはずです。
チャペル風のスタジオや好きな場所で撮影できますし、費用も20万円くらいに抑えられるので人気が高くなっています。お金に余裕がないのであれば無理をしないで、フォトウェディングを選択した方が良いです。
フォトウェディングを成功させるためには、信頼できるスタジオを選ぶことがとても重要です。どこを選んでも大体同じに見えるかもしれませんが、カメラマンなどのスタッフの質や衣装、撮影できるシチュエーションなど異なる部分が結構あるので、安心して任せられるスタジオを選ぶことが求められます。
比較する際は、実際に利用した人の意見も参考にするべきです。利用してみないと分からないことがあるので、有益な情報が得られます。費用の安さだけで決めるのではなく、最高のフォトウェディングを撮影できることを1番に考えてください。

近年ブームになっているフォトウェディングの魅力

近年、結婚式は行わずにドレスやタキシード等の婚礼衣装を着た写真だけを残す形の、いわゆるフォトウェディングがブームとなっています。
ブームの背景には、結婚式に大金をかけたくなかったり、感染症の流行等を踏まえゲストを呼んでまで挙式する必要がないと思ったりするカップルが増加していることが挙げられます。
フォトウェディングの最大のメリットは、費用を大幅に節約できるという点です。一般的に結婚式を挙げるためには最低でも数十万円の費用がかかりますが、フォトウェディングなら数万円程度で済ませることができます。
写真だけとは言え、結婚式を挙げた場合と同じ衣装を着ることができますし、もちろんヘアセットやメイクもしてもらえます。
例えば、「両親にウェディングドレス姿を見せたい」といった希望を叶えるだけであれば、フォトウェディングでも十分思い出に残ることでしょう。
また、実際に結婚式は挙げたけれど、予算や時間の都合で着られなかった衣装を着たいという方が利用するケースも多いです。

友人を招いてフォトウェディングをするには

コロナ禍の昨今、大がかりな結婚式や披露宴を行うのではなく、写真だけの結婚式フォトウェディングが人気を集めています。
もともとは新郎新婦のお二人だけで撮影していましたが、最近はお互いの親しい人を招いて一緒に記念撮影をするスタイルが注目されているのです。
まずは会場やスタジオに友人を招くことが出来るのか、衣装のレンタルやヘアメイクの対応はあるのかについて問い合わせると良いです。
また友達を招く際には、来て貰いたいことだけを伝えると普段着で参加されるかも知れないので、写真撮影のこともあわせて知らせるとよいでしょう。
会場の雰囲気作りのためにドレスコードがあるのか、撮影後に会食をするのかなどついても丁寧に案内して招待することをおすすめします。
撮影に参加してくれる場合には、小さなギフトなどのお礼や、会食もする際は招待状を用意するなど来てくれる方へのマナーを大切にしましょう。一生の記念となるフォトウェディングを新郎新婦、親しい人たちみんなで楽しめる時間にして下さい。

フォトウェディングはスタジオ撮影でばっちり

フォトウェディングはスタジオ撮影がお勧めです。式は挙げないつもりでおられるカップルも、気持ちの区切りになりますし、将来楽しい思い出になります。
前撮りとしてもお勧めで、本番の予行演習になりますし、緊張感も少ないため良い表情で撮影できます。そして何よりフォトウェディングをスタジオでするメリットは費用がリーズナブルということです。
撮影の時だけの衣装レンタルなので、とても少ない予算で気に入った衣装を選ぶことができます。カップルそれぞれ何回かお着換えしても、式当日のレンタル料よりずっと安いということがあります。
それに、急に決めたフォトウェディングではなく日時に余裕がある場合はカタログ等で日本中から気に入った衣装を取り寄せることも可能です。
もしフォトウェディングに興味がおありでしたら、ぜひ調べてみてください。お近くの行き慣れた写真館、スタジオでやってる可能性もあります。スタジオ内も何パターンも違うバックが用意されていることが多いです。

子供も一緒に撮影できるフォトウェディングは魅力満載

フォトウェディングというと、新郎新婦がメインなので二人以外は撮影できないと考える方もおられるようですが実際のところはそうではありません。
愛するかわいい子供たちも一緒に撮影できますので、ぜひ一緒にとって家族の大切な思い出としましょう。新郎新婦だけではどうしてぎこちなく緊張した仕草や表情になってしまいがちですが、子供が入ることで二人がリラックスできますし何といっても家族の記念として一生残るに違いありません。
フォトウェディングを行っているスタジオの多くは、キッズ用の可愛い衣装やドレスなどを用意していますし、メイクやセットなども行ってくれますので小さい女の子はドレスを着ることができるので喜ぶに違いありません。
撮影する際には、こどもに行儀よくすることや衣装を汚さないようにすることさらに、カメラマンのカメラや機材を勝手に触らないことなどを事前に伝えることで、マナーを守って楽しい雰囲気の中でフォトウエディングを行うことが出来ます。

フォトウェディングの仕上がりはカメラマンの腕にかかっている

フォトウェディングを行いたいと思うのであれば、絶対に成功させたい、満足のゆく仕上がりにしたいと思うものですが、成功するかもしくは残念な思いをするかはカメラマンの腕にかかっているといっても過言ではありません。
フォトウェディングは、どうしても緊張してしまい表情がかたくなってしまったり動作がぎこちなくなってしまうのが普通ですが、そのような時に「表情がかたいです」「いい写真が撮れません」「もっと笑って」という声掛けをすると、新郎新婦は余計に緊張してしまうものです。
反対に、よくほめて楽しい雰囲気にすることで、リラックスでき自然と笑顔や幸せが生まれます。カメラマンの選び方としては、結婚情報雑誌やウェディング雑誌などを参考にすることも出来ますしインターネットで探すことも出来ます。
気になるスタジオが見つかったなら必ず何度か打ち合わせをして、自分たちと相性が合うか、希望をきちんと聞いてくれるかを確認することも重要です。

フォトウェディングは旅行を兼ねてするのもおすすめ

フォトウェディングには、記念に残すのに相応しい素敵な写真が撮れる場所を選びたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には2人の好みに合うところに旅行に出かけつつ、撮影するのもおすすめです。
フォトウェディングは、結婚式での記念写真の撮影よりも自由度が高いのがメリットです。
フォトスタジオですることもできるだけでなくロケーション撮影も可能で、自宅近くのスタジオに依頼する方法の他に、遠方にあるスタジオを利用するという選択肢もあります。
結婚したら新婚旅行に行く人は少なくありませんが、旅を兼ねて行きたいところに趣いてフォトウェディングをするのも良いアイディアです。
例えば南国の美しい海が背景になる砂浜や歴史を感じる神社仏閣、素敵なチャペルがある観光地などは候補になります。
ただし事前の撮影許可取りが必要なケースがあることや、遠方だと事前に打ち合わせがしづらいこともあることは知っておきたいところです。

フォトウェディングに向くフォトジェニックなスポット

フォトウェディングには、フォトジェニックな場所で最高の1枚を撮りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
フォトウェディングにおすすめの写真映えスポットの1つには日本庭園があり、ここは和装での写真撮影に適しています。
比較的狭い範囲に池や橋、東屋などいくつもアクセントになるものがある他、四季折々の美しい日本の自然が感じられる植物が植えられているなど和風の写真映えするものがあるのが日本庭園の魅力です。
洋風の庭園は、洋装でのフォトウェディングにおすすめのスポットに挙げられます。
青々とした芝生の上で天気の良い日に撮影をすると、晴れやかで明るい未来を思わせるような写真が撮れることがあります。
花畑や花壇も、幸せいっぱいの新郎新婦の表情を引き立ててくれるはずです。
フォトウェディングには、結婚式を連想するような場所もおすすめです。
和装なら神社仏閣、洋装ならチャペルを選ぶと衣装と調和し、結婚式の記念写真にぴったりです。

お洒落なハウススタジオでするフォトウェディング

フォトウェディングをするならお洒落な雰囲気の写真が撮れる場所を選びたいけれど、どこにするべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、ハウススタジオでフォトウェディングをするのも1つのアイディアです。
これは一見すると外観は普通の家のように見えることも多い一軒家のような施設で、内部にはセットが用意されています。
しかも異なる趣きのセットがいくつもあり、撮りたいシーンに合わせて使い分けることが可能です。
例えば和風の衣装で撮影するなら、和室を利用するのも良いでしょう。
お洒落で今時のイメージに合うセットが用意されていることも多いので、背景紙の前でポーズを取るのとは違った雰囲気のフォトウェディングをしたい人におすすめです。
また中庭が付いていて屋外で撮れることもあります。
中庭なら外でのフォトウェディングでも通行人の視線が気にならず、自然光を活かした写真に仕上がるというメリットがあります。

和風フォトウェディングに適した衣装と場所とは

フォトウェディングを和風にするなら、どのような場所や衣装を選べば良いかと悩む人もいるのではないでしょうか。
和風のフォトウェディングの花婿の衣装は羽織袴で、色は黒が定番ですが白やグレーなども人気です。
花嫁は白無垢や色打ち掛けで、これらは好みで選ぶのも良いですが季節や背景の場所に合うものを選ぶのもおすすめです。
例えば冬の屋外ならカラフルな色打ち掛けが映えることが多いほか、紅葉の美しい秋なら白無垢が映えることもあります。
フォトウェディングの場所は様々なものがあります。
写真スタジオは照明や空調設備が整っていて快適に撮影できるので、暑い時期に和装を着用する場合でも安心です。
ロケーションなら神社やお寺は、神前式や仏前式を連想するので結婚の記念写真を撮るのに相応しいです。
歴史ある建物が残っていることも多く和装に映えます。
日本庭園は奇麗に整えられていて和の趣きがあります。
美しい樹木や池などをフォトウェディングの背景にできるのが魅力です。

フォトウェディングは水族館ですることもできる

フォトウェディングをするなら、一風変わったところを選びたいというカップルもいるのではないでしょうか。
そのようなときに向いているのが水族館です。
フォトウェディングは一般的には写真スタジオや結婚式場などですることが多いですが、意外とこのようなレジャー施設ですることもできます。
水族館でのフォトウェディングは、特に海や海の生物が好きなカップルにおすすめです。
また他の人と被らない結婚写真を撮りたい人にも向いています。
沢山の人が訪れる場所なので通行人が写りこんでしまわないか心配だ、人に見られたら恥ずかしいなどと思われがちかもしれませんが、一般の利用者がいない時間を使ったり一部の場所を貸し切ったりするので安心です。
ここでフォトウェディングをすれば、幻想的な写真が撮れるというメリットがあります。
白いウェディングドレスが映える青い大きな水槽の前は人気のスポットで、いくつもの魚の影が光にきらめく様子が写せたりすることもあります。

ウエディングフォトのスタジオ

岡山 フォトウェディング

新着情報

◎2024/01/15

情報を更新しました。
>フォトウェディングは旅行を兼ねてするのもおすすめ
>フォトウェディングに向くフォトジェニックなスポット
>お洒落なハウススタジオでするフォトウェディング
>和風フォトウェディングに適した衣装と場所とは
>フォトウェディングは水族館ですることもできる

◎2023/03/22

情報を更新しました。
>近年ブームになっているフォトウェディングの魅力
>友人を招いてフォトウェディングをするには
>フォトウェディングはスタジオ撮影でばっちり
>子供も一緒に撮影できるフォトウェディングは魅力満載
>フォトウェディングの仕上がりはカメラマンの腕にかかっている

◎2022/5/25

情報を更新しました。
>こんな今だからこそ、フォトウェディングが人気です
>フォトウェディングで準備しなければならないもの
>雨が降った場合でも安心して室内撮影ができるフォトウェディング
>自由度の高いフォトウェディングは素晴らしい思い出
>フォトウェディングは信頼できるスタジオで撮影することが重要

◎2021/4/14

ウェディングドレス選び
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

好きな衣裳で写真が撮れる
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「ウェディング 特徴」
に関連するツイート
Twitter

インディーダ インド神話が元の方々 勢力 7人 特徴 全員彼氏or彼女持ち(サラスヴァティーはウェディング衣装あり) 神転を使える(血の気多い、多くない?) 天翔ける創界神アレックスに神転教えたのはエジット組 らしい

でも特徴が増えるとコンセプトである「本当に普通の女の子」が崩れてしまう気がする!!ので、オーロラウェディングアイ続行はに〜〜

ウェディングの志麻さんのフォトカ、もう一種がどんなやつか知りたいのでフォトカ確認した人どんなやつが出たか特徴おしえてほしいです……🙏

エンタメウェディング:「フィギュア今井遥さん中村優さんが結婚発表」<アマチュアコメント>ロングヴェール約5m、ギャザーは多く華やか、コームは後頭部やや上部に着用、かつ幅数㎝の大きい花飾り約4個、サイドには淡いローズの花飾りがありブーケとお揃い、特徴あるロングヴェールです。お幸せに♩

青島くんの結婚式場見つけたー!